· 

卒業

こんばんは、紬の伊藤です。

横浜も少しずつソメイヨシノが咲き始め、紬の植物達も新芽が膨らみ、春をしっかりと感じます。

 

先日、長女の卒業証書授与式が無事に終わりました。

新型コロナウイルス感染防止対策で、父兄の参加は1人、式典は1時間程度に短縮となりましたが、別れの言葉や合唱は、小学校生活の思いが伝わりとても良い式でした。

6年前に赤いランドセルを背負い登校し、少し不安な表情で入学式に臨んだ長女の表情を思い出し、6年間元気に楽しく学校に通ってくれたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

「当たり前のことが、本当に幸せであること」

現在の世界情勢からも、そう強く感じずにはいられませんでした。

日々の生活に感謝の気持ちを忘れずに、子供たちには過ごしてもらいたいものです。

 

長女の成長を一緒に見守り支えてくれた、祖父母や、仁さんと靖子さん、本当にありがとうございます。

また、紬のお客様の中からも、「娘さんの卒業おめでとうございます」とお声を掛けていただき、有り難い気持ちで溢れます。

 

当たり前のことが本当に幸せであることを常に心に置き、また元気に頑張ってまります。